理学部

Faculty of Science

科学で未来を拓く

Faculty

学部紹介・企画

学部紹介

愛媛大学Webオープンキャンパスの理学部紹介動画です。理学部やコースの紹介、卒業後の進路などについて発信していきます。

 

スライドファイルは「こちら

学生インタビュー・研究・授業等の様子を紹介していますので、ぜひご覧ください!

学生企画
学生企画1
パラシュートつきロケット

理学部の科学コミュニケーションプログラム受講者によるトライです。小学生の自由研究のヒントとして、ペットボトルロケットを飛ばしてみました。もっと飛ばしたい!パラシュートを開かせたい!と思っていて、目標には道半ばですが、3分の動画です。ぜひ、楽しんでみてください。

酸(さん)をつかって貝がらをとかしてみよう!

理学部の科学コミュニケーションプログラム受講者が酸(さん)の威力について調べてみました。見事に貝がらをとかしたもの、だめだったもの、いろいろあります。興味を持ったら自分でやってみてください。クエン酸はドラッグストアで買えますよ。

学生企画2
科学コミュニケーションⅠBの紹介

科学コミュニケーションB(国際)プログラムとは何か知っていますか?このプログラムは、科学に関する国際コミュニケーション能力を高めることを目的に、愛媛大学理学部で実施されている教育プログラムで、ⅠB、ⅡB、ⅢBの3科目から構成されています。
この動画では、
・科学コミュニケーションⅠB(1年後期~2年前期)
・科学コミュニケーションプログラムの魅力
について時間の許す限り詳しく紹介していきます。

科学コミュニケーションプログラムⅡB(2年後期)の紹介

この動画では、科学コミュニケーションプログラムⅡBでの活動を紹介します。
・オレンブルグ大学と愛媛大学の国際交流の参加
・科コミⅠでの授業紹介
・NTNUと理学部の国際交流の企画・運営
・留学計画の作成

科学コミュニケーションⅢB(3年前期~3年後期)の紹介 ~私の留学計画~

私は、今年の秋からスウェーデンのルンド大学へ留学を計画しています。
この動画では、
・科コミⅢBの授業内で作成した「私の留学計画」
・スウェーデンってどんなとこ?
・科コミを履修して良かったところ
について紹介します。

Courses

コース紹介・企画
数学・数理情報コース
「考えること」と呼ばれる学問を手に、
数理科学の世界を切り拓く。
紹 介

数学・数理情報コースではどのような学びがあるのか、卒業後はどのような進路があるのか、そして数学・数理情報コースに入るための入試にはどのようなものがあるかなど、数学・数理情報コースについてご紹介します。動画のスライドファイルは以下のリンクからアクセスできます。数学・数理情報コースで学ぶ授業をはじめ、担当教員、合宿などのイベント、留学などの国際交流、大学院についてなど、数学・数理情報コースについての情報が満載です。

 

スライドファイルは「こちら

企 画
数学・数理情報コース的ぬりえ教室(尾國 新一 教授)

この模擬授業では、幼少の頃から親しんできた「ぬりえ」を数学・数理情報コース的に楽しんでいただければと思います。題して、「数学・数理情報コース的ぬりえ教室」です。まずは、「ぬりえ講義前編動画」をご覧ください。

物理学コース
物質の根源から宇宙の成り立ちまで、
本質を理解する。
紹 介

理学部理学科物理学コースの教育・研究分野や、研究室を紹介する動画です。
宇宙進化研究センターと協力して行うカリキュラムの説明も行なっています。
卒業後の進路についてもご紹介します。

 

スライドファイルは「こちら

企 画
高周波プラズマの発生と応用(前原 常弘 教授)

プラズマって聞きなれない言葉かもしれません。自然界では、太陽・オーロラ・雷など我々の知っているものの正体がプラズマだったりします。人工的には、蛍光灯の中身だったり、今治の造船工場で鉄板を切っていたりと活躍しています。そんなプラズマを電子レンジで作る方法から核融合まで多岐にわたって説明します。

化学コース
物質的世界観を身につけ、
人類の課題に挑戦する。
紹 介

化学コースで学ぶ専門科目や研究室についての情報が満載です。また、カリキュラムマップと共に入学初年度から卒業までの教育プログラムを紹介します。卒業後はどのような進路があるのか、化学コースに入るための入試にはどのようなものがあるかなどについてもご紹介します。

企 画
学生によるケミカルラボツアー(化学コース専任教員・学生)

化学コースの学生がカメラを持って各研究室を訪問し、とても貴重な実験風景を撮影してくれました。理学部キャンパス内まで案内してくれますので、理学部に来た感覚でご視聴ください。さらに、化学コースの教員から皆さんへのメッセージもあります。

生物学コース
分子レベルから生態系にいたる、
生命現象を包括的に理解する。
紹 介

愛媛大学の生物学コースは、分子から生態系までをカバーする幅広い分野の研究を行っていることが特色です。どのような研究をしているのか、どのような授業や実習があるのか、卒業後はどのような進路があるのか、等について音声付きのスライドでご紹介します。

企 画1
身近な植物(佐久間 洋 准教授)

身近な植物としてアブラナ科の野菜などを紹介して、そのあとに低温や乾燥に対する植物の応答と、その際の遺伝子の発現制御について紹介します。

企 画2
両生類の変態(高田 裕美 准教授)

これは愛媛愛学理学部理学科生物学コースの模擬授業です。この授業は理学部理学科生物学コースの1年生対象の生物学展望をベースにしている。授業の場合には使用できる図や写真が、著作権の関係でオープンキャンパスの模擬授業では使用できないため、説明では写真と言っているものの中に代替の模式図が使用されている場合があります。この授業では発生学という学問の特徴と、自分の研究分野であるアフリカツメガエルの形態形成と変態についての話をします。

 

スライドファイルは「こちら
動画のナレーション内容は「こちら

この動画は模擬授業の中でアフリカツメガエルの実験動物としての特徴のところで紹介したものです。50秒ほどの動画で、40秒あたりでオスの鳴き声が録音されています。アフリカツメガエルの鳴き声は他のカエルと異なり大きな音ではありませんが、メスに対する求愛のためのもので、オスにのみ咽頭部に発音器官が存在します。

地学コース
地球の過去を学ぶ、地球の現在を知る、
地球の未来を想う。
紹 介

理学科地学コースでは、流体・固体地球と生物との相互作用をさまざまな時間・空間スケールの現象としてとらえ、多様な観点と手法で教育・研究を行うことに重点を置いています。

企 画
地球をつくる鉱物の世界(白勢 洋平 助教)

地球や惑星はたくさんの鉱物からできています。鉱物の結晶構造、化学組成、産状などを調べることで地球や惑星の成り立ちを解き明かすことができます。不思議で美しい鉱物の世界をのぞいてみよう!鉱物学の入門編です。

Research Centers

研究センター紹介・企画
沿岸環境科学研究センター
紹 介

沿岸環境科学研究センター(CMES)の概要、理学部に所属するCMES研究室と研究テーマ、施設・設備などについて紹介しています。

企 画
すぐにわかる“すぐにわからない環境変化”の調べ方
(大林由美子・吉江直樹・落合真理・田上瑠美)

温暖化、酸性化、化学物質汚染、富栄養化や貧酸素化など、沿岸海域での様々な環境変化について、海洋生物体内の微量成分や、海底泥中の環境DNAや、海水中の微量成分の変化を分析・解析することにより、その実態や影響を調べている様子を紹介しています。

地球深部ダイナミクス研究センター
紹 介

地球深部ダイナミクス研究センター (GRC) が保有している高度な実験装置と、それらを使った地球惑星内部の世界最先端の研究について紹介しています。

企 画
GRCラボツアーと世界最硬ヒメダイヤ乳鉢によるダイヤモンドの粉末化
(入舩徹男センター長および GRC 教員)

地球深部ダイナミクス研究センター (GRC) の実験室をめぐるオンラインツアーの映像です。GRC のもつ高度な実験装置・設備や、それらがどのように地球や惑星の内部の研究に役立っているかを、専門の GRC 教員が説明します。また、常温の「冷たくない」氷の結晶を作って観察したり、GRCが開発した世界で最も硬い「ヒメダイヤ」製の乳鉢で天然ダイヤモンドを粉砕する実演も行います。

宇宙進化研究センター
紹 介

愛媛大学の宇宙進化研究センターの紹介動画です。
当センター長の挨拶と3つの研究部門について説明しています。

企 画
宇宙の謎(清水 徹 准教授)

愛媛大学宇宙進化研究センター3つの研究部門の一つであるプラズマ環境研究部門の研究内容をミニ講義形式で紹介しています。

 

動画のナレーション内容は「こちら

スライドファイルは「こちら

Class Introduction

Research Introduction

研究紹介

最先端研究紹介 infinity 」より、理学部・研究センターに関係する研究をご紹介します。
(記載内容は掲載当時のものです。)

もっと見る

もっと見る

For Future Students

未来の愛大生へ

「未来の愛大生へ」より、理学部の教員・学生・卒業生から受験生の皆さんへのメッセージをご紹介します。
(記載内容は掲載当時のものです。)

Employment / Career

進路・就職

2019年度主な就職・進学先

建設・不動産
積水ハウス(株)、パナソニック環境エンジニアリング(株)、三菱電機冷熱プラント(株)、三菱日立パワーシステムズインダストリー(株) 等

製 造
(株)アイテック、(株)アドバンテック、潮冷熱(株)、(株)オカベ、グラクソ・スミスクライン(株)、サンタ(株)、()新来島どっく、太陽石油(株)、中外製薬(株)、日亜化学工業(株)、(株)ヒカリ、福助工業(株)、(株)母恵夢、マルトモ(株)、三浦工業(株)、三菱重工マシナリーテクノロジー(株)、(株)リブドゥコーポレーション 等

運輸・情報通信
(株)エヌ・ティ・ティ・データ四国、(株)NPシステム開発、キヤノンITソリューションズ(株)、(株)JALスカイ、住友化学システムサービス(株)、東海旅客鉄道(株)、日本電気(株)、(株)ファインデックス、三菱電機インフォメーションシステムズ(株)、三菱電機コントロールソフトウェア(株)、メルコ・パワー・システムズ(株)、(株)両備システムズ 等

卸売・小売
伊丹産業(株)、(株)フジ、(株)ポケモンセンター、村田宝飾(株)、(株)レデイ薬局 等

金融・保険
(株)伊予銀行、(株)愛媛銀行、(株)かんぽ生命保険、(株)日本政策金融公庫、(株)百十四銀行、(株)広島銀行、(株)ゆうちょ銀行 等

教育・研究関係
愛媛県公立中学校、大阪府公立高等学校、岡山県私立中学校、香川県公立中学校、高知県公立中学校、島根県公立高等学校、千葉県公立特別支援学校、栃木県公立中学校、広島県公立高等学校、広島県公立中学校 等

公務員
今治市役所、宇和島市役所、愛媛県警察、愛媛県庁、大阪国税局、環境省、小松島市、国土交通省四国地方整備局、水産庁、総務省統計局、高松地方裁判所、中国四国管区行政評価局、農林水産省横浜植物防疫所、広島国税局、広島法務局、松山市役所 等

電気・ガス・サービス・その他
曙エンジニアリング(株)、イカリ消毒(株)、住鉱テクノリサーチ(株)、(株)星野リゾート・マネジメント、(株)バンダイナムコビジネスアーク、広島東洋カープ、(株)マイナビ、(一)リモート・センシング技術センター 等

進学(大学院)
愛媛大学大学院、大阪市立大学大学院、大阪大学大学院、岡山大学大学院、香川大学大学院、九州大学大学院、京都大学大学院、神戸大学大学院、総合研究大学院大学大学院、筑波大学大学院、名古屋大学大学院、鳴門教育大学大学院、兵庫県立大学大学院、北海道大学大学院、横浜国立大学大学院 等

Question and Answer

質問コーナー

Q理学部か工学部へ進学しよう思っています。
理学部と工学部の違いを教えてください。

A.一般に理学部では自然現象のもつ自然法則を学ぶことを主な目的としていて、工学部ではその実生活への応用を学ぶことを主な目的としています。従って理学部では基礎的な科目をより多く学びます。また、現代社会は重大な転換期にあり、人類は多くの難しい問題、エネルギーや資源、地球環境の問題等々を抱えています。こんなときこそ、自然に立ち返り自然の法則を学ぶことが重要です。もしあなたが自然科学をもっと深く勉強してみたいと考えているならば、理学部へ進学されることを勧めます。理学部での学習は実りの多い充実したものになるでしょう。

Q卒業後の進路はどうなっているのでしょうか?

A.一般機械、精密機械、電器機械、化学工業、金属工業、食品工業等の製造業、情報・調査業、サービス業、建設業、教員や公務員等職種はさまざまです。愛媛大学および他大学の大学院への進学もあります。先輩達はいろいろな分野で活躍しています。理学部で基礎を学んでいるのでその応用範囲は広いのではないでしょうか。

Q卒業後、大学院へ進学する人は多いのですか?

A.毎年、他大学の大学院も含めて卒業生の約4割が大学院へ進学しています。大学院ではテーマをしぼってより深く学び研究に参加します。なお愛媛大学大学院の中には数理物質科学専攻、環境機能科学専攻があります。

Q理学部では実験や実習が多いと聞きました。どのくらいあるのですか?

A.数学・数理情報コースなどでは、演習、コンピュータ実習やセミナーなど、物理学コース及び化学コースでは、演習、実験やセミナーなど、生物学コース及び地学コースでは、演習、実験、セミナーや特に野外実習などの学生が積極的に参加する授業が4年間続けてあります。特に4年生では各学生が希望した教員の指導の下に卒業研究を行います。

Q一般選抜(前期日程)において、物理を受験科目に選んだ場合、大学に入ってから化学コースを選ぶことはできないのですか?

A.できます。一般選抜(前期日程および後期日程)の合格者は、2年次にいずれのコースを選択することも可能です。一方、学校推薦型選抜の合格者は、入学時に所属コースが決まっているので、別のコースに変更するためにはコース所属変更試験を受ける必要があります。

Q高校で地学を学んでいませんが、地学コースへ進んでも大丈夫ですか?

A.地学を開講していない高校は少なくありません。その事情を理学部は把握していますので、地学の基礎からきちんと積み上げていくように地学コースのカリキュラムを組んでいるので、安心してください。地学と言っても他の理科の知識を利用することもありますので、地学を含む含まないにかかわらず、高校の理科2科目の知識を有していることが望まれます。

More Information

この学部のことをもっと知る